スタッフブログ

高血圧はコントロール可能

2015年02月19日
浦安高柳病院スタッフ

高血圧は遺伝が原因というイメージが強く持たれてきました。
しかし最近、遺伝よりもご本人の生活環境のほうが影響していることが

判ってきています。

 

つまり、親が高血圧だから仕方がないと、あきらめたり簡単に受け入れては

いけないと言えます。予防できる、また高血圧の症状がある方は

コントロールできるということです。

 1d94857229ec92b800911ae06e0832fc_s

高血圧を放置すると、脳への障害として脳出血や脳梗塞、

心臓の障害として狭心症や心筋梗塞など重大な疾患を発症する恐れがあります。

 

高血圧を自覚されたら一度、医師の診察を受け、相談されるのが賢明と言えます。

 7af60530d543237dde3140023e2d614c_s

高血圧のコントロールには、まず生活環境の改善です。
食事療法運動療法から始められます。

そして医療として降圧薬による治療です。
降圧薬は、臓器への障害の発症を抑えるように血圧を下げる効果が確認されている薬です。

 

浦安高柳病院では最も適切と思われる治療方針をご説明・ご提示致します。
生活環境の改善の具体的アドバイス、治療、そして必要であれば大学病院や
専門医師の紹介など、患者様にとって良い方法を選択いたします。