医師・看護部長紹介

TOP >  当院について >  看護部長 梅澤由美

看護部長 梅澤由美

staff_umezawa_message

療養型病院での看護で大切なことは?

療養型病院に長期入院される高齢者の患者様は、自分の気持ちをなかなかうまく伝えられず、看護師としても意思疎通を図るのが難しい面があります。ですから一層、患者様の痛み・気持ちを感じてあげることが大切になります。
患者様への言葉掛けは必ず行い、ちょっとした変化にも気づいてあげることがとても大事です。

また、患者様の体の特徴をよく理解しておくことが質の高いケアにつながります。
例えば、体位変換ケアなどで、患者様の痛みがどこなのか、どのような方法であれば痛みなくできるのかなど、事前に患者様の体の特徴をよく把握しておかなければなりません。拘縮の程度などによって,触れる部位・角度に気をつける必要があるのはもちろんです。

患者様・ご家族に対してのメッセージ

大切なご家族のお世話をさせて頂いていますが、私たちからお願いがあります。
面会に来られた時に患者さんの手に触れるなどして、ご家族にもケアに参加して頂きたいと思います。家族が一番なので。

また、担当の看護師に声をかけて頂ければ,最近のご様子を出来る限りお伝えします。
医師からの説明はもちろんですが、是非日常的に私たちともやり取りをして頂ければ、と思います。

看護部長としていつもどのようなことを心掛けていますか?

私たちは自分が入院したいと思うような病棟であることを常に心がけています。
おもいやりをみんなに広げていく、おもいやりのトリートメントケアを行っていると(笑)自分たちでは自負しています。看護部長としては、看護師の仲間と現場に出て一緒に動いて,お互いに考えを言い合って話し合える関係でありたいといつも思っています。

また、看護師一人一人にはそれぞれ個性があります。
各自のキャラクターを尊重して対応することが大事ですね。特に若い人は褒められて育つ面がありますから。この病院で働く看護師に私から声をかけて、これまでいろいろな職場・病院で経験してきたことを引き出してあげることも色々な意味で大切なことです。職場はどうしても長い間の習慣に流されがちになりますから、そういう時に例えば新しく加わった看護師の意見をうまく取り入れることで職場を活性化させることもできます。
いろんな看護師の意見を活かしていくことは、自分の意見が聞き入れられた看護師にとっても励みになり、「活かしてもらえた!」という気持ちはモチベーションを高めると思います。
もちろん、結婚・出産などによるギャップのある人に対して様々な埋め合わせをしてあげることも看護部長の重要な役目です。

看護部長は病院全体から見ると管理職ということになりますけど、あまり締め付けるようなことはしません。職場の雰囲気が悪くなるし、そもそも性にあいませんので(笑)。

浦安高柳病院看護部の特徴は?

ライフサイクルから見ると、子育て中で「仕事と家庭の両立」をしている看護師さんが多いことがまず特徴として挙げられます。そのため、定刻で帰ることができるように仕事量の多い病棟業務を全員で協力して綿密かつ効率的に行っています。

職場の雰囲気としては、プラバシーは重視されていると思います。また、当院のような療養型病棟は急性期病院とは違って業務内容の幅は狭いので、経験を積みたい新卒者はあまりおらず、経験者に向いている職場ですね。

休日の過ごし方、趣味など

主人や子供が私の仕事と仕事に対する姿勢を理解してくれている事にいつも感謝しています。
これまで仕事優先でやってきましたが、家族の理解がないと続けられなかったと思います。

休日にはストレッチをしたり、整体・健康ランドでお風呂やサウナに入ったりして体を休めます。
カラオケはダメです(笑)。