スタッフブログ

インフルエンザに効く市販薬?

2015年01月15日
浦安高柳病院スタッフ

風邪の場合と同じように、インフルエンザにかかった場合に備えて、
または実際、急に症状が出た時に効く薬を購入したいものです。

 

b578ed8844b706627041f6958880c33f_s

 

ですが、インフルエンザについては、治療薬は市販されていません。
抗インフルエンザウイルス薬は、購入にあたり医師の処方箋が必要で
あり、医師の指示に沿って服用する必要があります。

 

市販されていない、個人の判断で利用できないのは、服用を誤ると危険もある薬だからです。

しかしインターネット上には、抗インフルエンザウイルス薬を通信販売しているショップも

あります。

これについて厚生労働省では、利用を避けるように注意を促しています。
http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/kenkou/influenza/090520-05.html

 

a0002_001007_m

 

理由は、実はそれらの通信販売ショップは薬の購入希望者に代わって海外から個人輸入する形式であるためです。つまり品質管理がなされていない、場合によっては偽造薬でないかなどが
確認できないためです。

 

実際、それらの販売ショップのホームページを隅々まで見てみると、副作用が出た場合は

自己責任、また日本では補償が受けられない旨などが記載されていたりします。

 

インフルエンザの治療は、本来そのような大きなリスクを背負う必要のもの
ではありません。お近くの医療機関で受診されるのが最善と言えます。

 

IMG_1121

 

浦安高柳病院でもインフルエンザの診療、抗インフルエンザウイルス薬の
処方を行っています。

インフルエンザの症状の負担を軽くする

2015年01月09日
浦安高柳病院スタッフ

2015年もインフルエンザ流行が発表、報道されています。
インフルエンザは高熱や全身痛で体力を消耗し、また気管支炎や肺炎などを合併し重症化する恐れがあり、かかると厄介な病気ですが、早く対処すれば体の負担の軽減が期待できます。

il_012

首相官邸ホームページでは次のように発表しています。(http://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/influenza.html
「発症から48時間以内に抗インフルエンザウイルス薬の服用を開始すれば、発熱期間の短縮などの効果が期待できます。早めに医療機関を受診し、処方された薬は医師の指示に従って服用しましょう。」

 

つまり38℃以上の急な高熱、全身痛・だるさなどインフルエンザの症状が出てから2日以内医師の診察を受け、インフルエンザウイルスに効く薬をのみ始めれば、早く回復する可能性が高くなるということです。

 

なお、インフルエンザウイルスに直接効果がある薬は、街のドラッグストアなどで市販されていません。医師の処方箋により購入できます。

05_02
浦安高柳病院でもインフルエンザ診療を行い、お薬の処方を行っています。
インフルエンザかなと思われたら、早めの受診をお勧めします。

 

IMG_1120

インフルエンザ感染のサイン、症状

2015年01月08日
浦安高柳病院スタッフ

千葉県はインフルエンザ警報を平成27年1月6日(火)に発令しました。これは昨シーズンと比べて4週早い警報発令となりました。インフルエンザ患者数が急増しているためです。

 

おとなりの東京都でも、すでに流行警報基準を超えたと発表されています。

これはインフルエンザ流行調査が開始された1999年以降で2番目に早く、
今後、大きな流行に拡大する可能性があると東京都は発表しています。

49a012cfbd9a551f9035eaac1cab3e44_s

インフルエンザは、風邪との違いがよく判らない感じがあります。

次の症状が現れたらインフルエンザの疑いがあります。
①38℃以上の高熱が急に出る 
②風邪に見られるのどの痛み、鼻水、くしゃみ、咳などの症状に
 加えて全身が痛い(関節、筋肉)。

 il_009 il_003

インフルエンザが風邪と比べて怖いのは、気管支炎肺炎などを合併し、重症化する可能性があるという点です。
重症化しないまでも、高熱や全身痛で体力を大きく奪われますので、ご高齢の方や幼児は

特に注意が必要とされます。

 

ですから、急に38℃以上の熱が出て体の節々に痛みを感じた場合、インフルエンザに感染している可能性がありますので、重症化しないうちに医療機関で受診されることをお勧めします。

10_03

浦安高柳病院でもインフルエンザの診療を行っています。

浦安高柳病院の待合室

2015年01月06日
浦安高柳病院スタッフ

今回は、浦安高柳病院の待合室をご紹介。

浦安高柳病院は4階建ての建物ですが、受付待合室は入口すぐに在ります。
病院前の歩道から段差、階段などがないバリアフリーになっています。

IMG_1143 IMG_1129

片壁1面がほぼガラス窓で明るい雰囲気です。
一方で、来院の方々がお互いなるべく気兼ねしないで済みますように
咳などの症状が出ていらっしゃる方向けの座席も設けています。

IMG_1018 IMG_1041

そして診察室は待合室のすぐそばにあります。レントゲン・CT室も診察室の前に在ります。
 
ですから来院されてから、階段を上ったりエレベーターで、あちらこちらに移動する必要は
ありません。数メートル以内の移動で済みます。

また自動血圧測定器を設置しています。
診察をお待ちの間、また診察終了後などにお気軽にご利用いただけます。

IMG_1085  IMG_1048

なお浦安高柳病院では、禁煙治療外来も実施しております。

IMG_1126

おさんぽバス・当代島保育園からのアクセス

2014年12月30日
浦安高柳病院スタッフ

今回は、おさんぽバス(浦安コミュニティバス)の医療センター線・東京ベイ医療センター行または新浦安駅行・バス停6番「当代島保育園」から浦安高柳病院までの順路をご案内いたします。

下左が東京ベイ医療センター行のバス停、右が新浦安駅行のバス停です。

 IMG_1102  IMG_1107

バスを降りると、やなぎ通りに向かって歩きます。
やなぎ通りに近づいてくると浦安高柳病院が見えてきます。

 IMG_1108 IMG_1109

そして やなぎ通りを横断します。なお、横断歩道は道路左側のみに設置されています。
バス停から浦安高柳病院まで約150メートルぐらいの距離です。

IMG_1110  IMG_1121

浦安高柳病院では、インフルエンザの診察、予防接種を行っています。

 

おさんぽバス当代島保育園時刻表はこちらクリックしてご覧ください

1 2 3 4 5