内科・消化器内科・循環器内科・小児科

TOP >  外来の患者さまへ >  内科・消化器内科・循環器内科・小児科

内科・消化器内科・循環器内科のご案内

最初に受診していただける一般的な診療科

大学病院などの大きな病院に行くと余りに多くの専門科に分かれているので、どの科を受診すればよいのか戸惑ってしまった経験があると思います・・・。
当院の「内科」は、体調がよくないとき・心配になる症状があるときに、最初に受診していただける一般的な診療科です。
医師が診察をした後、他の医師や医療機関への紹介を含めて最も適切と思われる治療方針をご説明・ご提示致します。

熱が下がらない、食事や水分がとれない、咳が止まらない、頭痛がひどい
こんな時、まずは内科を受診してください。 また、以下のような場合にも、内科の受診をおすすめします。

担当医

担当医・診療時間につきましては外来の患者さまへをご確認ください。

気になる症状一覧

症状 疑われる疾患
食欲不振、胃のむかつき、胃痛 胃炎・胃潰瘍
下痢、便秘、ガスによる下腹部の張り 過敏性腸症候群
異常に体がだるい、食欲不振、吐き気 肝炎
尿の量・回数が増えた、異常に喉が渇く 糖尿病
動悸がする、脈がはやくなる、イライラする 甲状腺機能亢進症
倦怠感におそわれる、気力がなくなる 甲状腺機能低下症
眠れない・寝付きが悪い、食欲不振、排尿困難 うつ病

健康診断で異常があるとされた場合

GOT(AST), GPT(ALT), γ-GTPなど肝機能検査の数値が高い
尿蛋白、尿潜血が陽性
高脂血症、肥満症とされた

お飲みになっているお薬に関するご相談

現在飲んでいるお薬について、「本当に自分の身体や病気にあっているのかな?」と疑問に思われたときにご相談ください。
医師による診察の後、服用されるお薬についてご提案いたします。

 

消化器内科ご案内

こんな症状があったら、ご相談ください!

気になる症状がございましたら、消化器科専門医(新井もとえ)にご相談ください。

気になる症状一覧

症状 疑われる疾患
食欲不振や胃のむかつき・胃痛などがある 胃炎・胃潰瘍
下痢や便秘、下腹部の張りなどがある 過敏性腸症候群

過敏性腸症候群のチェックリスト

  • (1)腹痛を伴う下痢(便は泥状、粘液が出ることも)。
  • (2)便秘、あるいは便秘と下痢を交互に繰り返す。
  • (3)時折、うさぎの糞のような便が出る。
  • (4)排便後は腹痛が収まることが多い。
  • (5)排便後、残便感はあるが、便は出ない。
  • (6)ガスがたまりやすい。
  • (7)午前中の腹痛が多く、午後からは回復する。
  • (8)体重の変化はなく、食欲も普通にある。
  • (9)すぐトイレに行けない状況で症状が出る。
  • (10)睡眠時や休日には症状が出ない。
  • (11)症状が1カ月以上持続している。

当てはまる数が多いほど、過敏性腸症候群の疑いが高くなります。
当診療科では診察の結果により、症状を緩和するための治療のほか、 生活習慣や食事の改善についての指導を行います。

 

お飲みになっているお薬に関するご相談

現在飲んでいるお薬について、「本当に自分の身体や病気にあっているのかな?」と疑問に思われたときにご相談ください。
医師による診察の後、服用されるお薬についてご提案いたします。

 

循環器内科ご案内

気になる症状一覧

こんな症状があったら、循環器内科を受診しましょう。

気になる症状一覧

症状 疑われる疾患
運動をすると息苦しくなる
(高齢者は要注意。心不全の可能性が高い)
心不全、狭心症
脈が飛ぶ、一瞬気を失う 不整脈
立っていてふらつく 高血圧、不整脈

担当医

担当医・診療時間につきましては外来の患者さまへをご確認ください。

血管年齢検査(ABI)

血管年齢検査(ABI)

 

血管年齢検査とは

血管年齢検査は、血管の柔らかさや硬さといった弾力性や、血管内部にコレステロールのかすや血栓(血の塊)ができて血管の狭くなった所がないか、といった事を調べるものです。同じ性別、同じ年齢の健康な方の数値と比較して、あなたの血管年齢がわかります。

血管年齢検査で、何がわかるか

動脈のかたさ(CAVI)と動脈が狭くなったり詰まったりしていないか(ABI)を調べることで、動脈硬化症の程度を知る事ができます。 動脈硬化症は、「沈黙の殺人者」と呼ばれ、自覚症状を気付かずに病状が進んでしまう恐ろしい病気ですが、生活習慣病の治療で改善も認めます。

動脈硬化症が進行すると、どんな病気になりやすいか

血管が硬くなり弾力性がなくなってくると、まず血圧が上がってきます。そして、心不全、心肥大などの心疾患につながります。 また、心臓や脳や足の血管が悪くなり、心筋梗塞、狭心症、脳梗塞、下肢閉塞性動脈硬化症などを引き起こすこともあります。 動脈が風船のように腫れて破裂する、動脈瘤の原因にもなります。

こんな症状があったら、検査をしてみましょう

動脈硬化症になる原因は様々ですが、次にあてはまる方々は注意が必要といわれています。

症状
高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病の方

高尿酸血症の方

喫煙をする方

ストレスの高い方

動脈硬化症が進むと足の痛みが出ることが多いため、足がしびれたり痛い方

運動不足の方

食事で好き嫌いの激しい方

よくあるご質問

どうやって検査するの?
ベッドの上に仰向けに寝ていただき、両手両足にバンドを巻き測定します。
心電図検査や血圧測定のように、身体に負担のかからない検査です。
服は脱ぐの?
両腕、膝から下が出る服装であれば、お着替えの必要はありません。
検査時間はどのくらいかかるの?
所用時間は、20分程度です。
痛みはあるの?
ご安心ください。腕で血圧をはかる時のように、少し圧迫感はありますが、痛みはありません。
どんな先生が診察するの?
ベテラン循環器内科医師が、検査結果をふまえて今後どのように生活していったらよいかをアドバイスさせていただきます。お気軽にご相談ください。
血管年齢は高くなかったけど、本当は喫煙をやめたいなあ
浦安高柳病院では、禁煙外来をおこなっております。 ご興味がありましたら、お問い合わせください。

血管年齢検査の様子

小児科のご案内

担当医・休診

小児科の担当医は新井もとえ院長です。
水曜は休診となっております。ご注意ください。
診療時間の詳細につきましては、外来の患者様へをご確認ください。

予防接種について

当院では予防接種は行っておりません。