睡眠時無呼吸症候群

TOP >  外来の患者さまへ >  睡眠時無呼吸症候群
outpatient_sleep_apnea_syndrome_h5 ※睡眠時無呼吸症候群外来は完全予約制のため、お電話にてご予約をお取り下さい。

あなたの睡眠は大丈夫?睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群に関するご質問

「睡眠時無呼吸症候群」って何ですか?
眠っている時に10秒以上、何回も呼吸が止まってしまう病気です。
どんな症状?
睡眠中の呼吸停止、大きないびき、夜中に何度も目が覚める、夜中に何度もトイレに行く、日中いつも眠い、居眠り運転を起こしそうになる、起床時に頭痛やだるさがある、など、日中の様々な活動に影響がでる症状です。
からだへの悪い影響は?
呼吸が止まると体の酸素が減り、不整脈が出たり、血圧が上がったりします。 さらに動脈硬化も進み、心筋梗塞や脳卒中が起きやすくなると言われています。

睡眠時無呼吸症候群チェックシート

睡眠時無呼吸症候群を、ご自分でチェックしてみましょう。 以下の質問で、あてまはまる回答の数字を合計してください。 合計点が11点以上なら「睡眠時無呼吸症候群」の可能性があります。  
質 問 こんな時に眠くなることはありませんか?
いいえ まれに ときどき つねに
座って読書をしているとき 0 1 2 3
テレビを見ているとき 0 1 2 3
人がたくさんいる場所で 座って何もしていないとき 0 1 2 3
車に乗せてもらっているとき 0 1 2 3
午後、横になって休憩しているとき 0 1 2 3
座って誰かと話をしているとき 0 1 2 3
昼食後、静かに座っているとき 0 1 2 3
運転中、渋滞や信号で止まっているとき 0 1 2 3

合 計

 

睡眠時無呼吸症候群外来の診療時間

火曜午前・金曜午後・土曜午前の予約制になります。